Skip to content

小学生に人気の習い事ランキング6位~10位の詳細

小学生に人気の習い事、6位~10位の詳細について

6位:サッカー
人気の理由
ボール1つで手軽にできるため
サッカーが野球より人気があるのは、ボールで出来る手軽さです。
野球はバットやグローブなど色々な道具を揃えなくてはいけませんが、とりあえずボールさえあれば、楽しむことができるからです。サッカーは集団で楽しむ競技ですが、一人でリフティングやドリブルをすることもできるので、親しみやすいかもしれません。あと、スポーツをする際に以外と道具をそろえるとお金がかかりますよね。サッカーでは遠征などの積立金はあるものの、ユニフォームやボール、スパイクやシューズが主なので野球や陸上やテニスに比べると比較的その他の出費が少ないと思います。

月謝
月4回、約5000円前後

7位:書道
人気の理由
綺麗な文字を書くことで恥をかかせないため
保護者の方で時に自信がない方が、せめて子供だけにはと習わせるケースが多いようです。大人になってからやっておけばよかったと思うことの一つとして書道をあげられる方は多いです。きれいな字を書けるのに越したことはありません。一度文字の書き方の基本さえ習得しておけば、ほとんどの文字の書き方も感覚で身につきますので、一生使えるスキルも期待されています。

月謝
月4回、約3000円

8位:ダンス
人気の理由
音楽・運動面の両方の能力が身につきそうだから
ダンスをしていることのメリットはリズム感などの音楽面と、身体の柔軟性や俊敏性といった運動面の両方を養うことができることです。
どちらも、こどものうちから鍛えることで、持って生まれた才能を開花させられるといわれる分野なので、出来るだけ早い時期からと習わせる家庭が増えてきています。
音楽とともに体を動かすことでストレス解消にもつながりますし、ステップを覚えるという全身を使った動作の習得は脳の活性化にもとてもいいようです。

月謝
月4回、約8000円

9位:空手
人気の理由
忍耐力や強さを養うことが出来るから
子供には忍耐強く、強い子になってほしいという想いで空手を選ばれる方が多いようです。1つ1つの技に全神経を集中させるので、集中力もつくでしょう。また、精神面での強さも培われるため、空手以外の勉強などにも良い影響が出ると期待されています。

月謝
月4回、約3000円

10位:そろばん
人気の理由
「脳トレ」ブームの影響か!?
そろばんをすることで習得が期待できる暗算ですが、この暗算の効力が脳の前頭前野を使うことから、記憶力を高め、さらに論理的処理能力を養うとのことです。暗算は一時期任天堂DSでも流行った脳トレの1つになるのですが、このようなそろばんによる暗算能力習得に魅力を感じている方が多いようです。

月謝
月8回、約8000円
月4回、約4000円

評価

6位から10位になると、サッカーやダンスといった今時感のある習い事もランクインしています。真面目系というより、クールなものが若い保護者の方から支持されているのではないでしょうか?サッカーやEXILEなど人気ですし、サッカーやダンスは今後よりポピュラーになるのではないかと考えます。

 

関連ページ:小学生に人気の習い事ランキングを比較してみました